薬剤師の転職事情について

薬剤師の資格を武器にして新たな道を開拓しよう!

薬剤師の転職事情をネットで調べてみると / 商社になぜ薬剤師が必要か? / 薬剤師の資格を武器にして新たな道を開拓しよう!

ご存じのように、今の社会は以前よりも「海外」に様々な面で「門戸」が開放されていることもあります。
観光を目的にした渡航も去るとこながら、仕事で海外に行く方も多いと思います。
それは、日本人が今まで知らなかった未知の病原菌などとの新たな戦いが始まることを意味する、と考えられます。
日本人の薬剤師に、例えば、東南アジアの風土病に対する医薬品のプロがどれ程いるでしょうか?あるいは、南アメリカの伝染病の薬のプロが、どれくらいいるでしょうか?今現在での情報を集めている段階での感触として、そして求人の案件数などから考えると、自分が最初に業界を変えた頃よりも事情が好転している様にも思えます。
いかがでしょうか? 私の言った、「今の方が事情が良い」と言うことがお分かり頂けたでしょうか?この文章を読んでいらっしゃる方々に申し上げます。
今のタイミングが転職の時だと、私は考えます。
薬剤師の資格を持ちつつ、いや、逆にそれを武器にして、新たな道を開拓していただきたいと思います。